苦手を克服する塾情報

苦手意識を無くす

苦手意識を無くす

苦手意識を無くす 主要4教科と呼ばれる国語算数理科社会の中で、小学生が最も苦手意識を持ちやすいのが算数です。
社会や理科のように勉強すればするほど知識が増えて視野が広がる教科ではなく、ただ数字を計算することに面白みを感じることができず、引き算やかけ算、割り算や小数点を習うあたりでその傾向が顕著になってきます。
また、国語のように答えが何通りもある教科でもなくマルかバツかの二者択一の教科のため、間違えて不正解になると、それまでの計算式の全てを否定されたような気持ちになってしまうのです。
塾では、まず小学生の計算への苦手意識を減らすことから始めます。
人間なら計算ミスをするのは当たり前で不正解だったからといって落ち込む必要は無く、不正解だった箇所をやり直すうちにできるようになれば良いのです。
生徒ができるようになるまで塾の講師は根気よく付き合いますので、いつかは正解します。
一度でも正解すればそれが成功体験になり、それを積み重ねていくことで計算への苦手な意識が減り、いずれ無くなっていくのです。

小学生が塾で苦手の算数を克服することは珍しい事ではない

小学生が塾で苦手の算数を克服することは珍しい事ではない 小学生が塾で苦手の算数を克服することは珍しい事ではないというよりは、苦手を克服するだけではなく、得意になるという事も少なくはありません。算数は別に難しいことではありませんから、理屈さえ分かればそれで一気に分かるようになるモノです。塾は教え方が分かりやすいですから、この理屈を教えるには最適な環境にあります。分からない事は先生に質問して聞くことが出来るわけですし、苦手が得意になるという事は少なくはありません。全ての小学生がという事にはなるわけではないにしても、行けばまずそれなりの成果を獲得することが出来るようになことは多いはずです。
得意になれば、全ての事についてやる気が出てくるように事にも繋がるので、単に苦手が無くなるというだけではなく、得意分野をのばしたり、全ての事に自信を持つという意味でも塾の意義は大きなものがあると考えても良いはず。子供はやればやるほど伸びるものですから、この時期に塾に行くのは大きな意味があります。

Copyright © 2018 苦手を克服する塾情報 all rights reserved.